30代 旅好き☆妊活主婦の毎日

何気なく過ぎる毎日だけど、大切な1日。人生は日々学び。当り前じゃない毎日に感謝し、後悔のない時を過ごしたいと思っています。定期的に大好きな旅をしながら、今は北国で妊活主婦生活!

妊活について

タイトルにもある通り、「妊活」してます。

「妊活」と一言でいっても、個人によって行っていることは全く違うと思います。

しかもやはりまだまだデリケートな話。なかなか身近な人とは共有しにくい内容でもあるのかなと思います。私の周りの友人は既婚者で子供ありか、独身者です。もちろん独身の子とは、話しにくいし、子育て中の人とも、踏み入った話にはなかなか。。。特に言い方悪いかもしれませんが、簡単に出来た人にはわかってもらえないこともあるだろうし。。と思ってしまってます。

 

結婚するまでは、目の前の仕事で精一杯で、結婚⇒妊娠♡ なんて、安易に考えてました。というよりも、まずは結婚!!って感じでしたが。。。

子供の頃は結婚だって、適齢期になれば自然にできると思っていましたが、そんなに現実は甘くないですね。実際、選り好みしすぎた私自身の問題ですが。。もちろん今は、旦那さんと出会えて結婚できたのも、この時期だったからと思っていますが!

 

結婚が決まり、仕事を辞めてから時間ができ、妊娠について考えるようになりました。そうしてなんとなくネットを見ているうちに、「30代」「妊娠確率」「不妊」「流産率」など、どんどん何かが迫ってきて、私ってのんびりしていられないって思いました。

 

そして、まずは婦人科へ行き悪いところがないか検査してもらいました。

そして、風疹の抗体を調べてもらいました。

これは、抗体がなく、万が一妊娠中に風疹にかかってしまった場合、赤ちゃんが先天性心疾患や視覚、聴覚障害になる確率が上がってしまうからです。

1979年~1987年に生れた人は学校での集団接種を受けていない時期で、抗体がない場合が多いとのこと。私もこの時期に当てはまり、血液検査の結果抗体がありませんでした。それ以外の人で風疹にかかっていても、時間がたっていれば抗体がなくなっている場合もあるそうです。

そして、風疹の予防接種を受けることにしたのですが、受け入れている病院が少ないのです。そして、あるけど、子供優先で余分にないとのこと。

子供優先。。わかります。けどせめて、子供&妊娠希望者優遇とかにすべきではありません??そして、友達の住んでいた地域は予防接種の補助金が出たというので、私の住んでいる地域で調べたら「数年前は行っていましたが今はしておりません」って。どういうことですか??・・・

誰かに対して文句を言うつもりはありません。けど、こんなに少子化が問題視されているのならもう少し・・と思ってしまいます。いやいや文句は言いません・・

結局、いろいろな病院に電話をかけ、麻しん風疹混合ワクチンを接種できる場所を見つけて接種しました。

生ワクチンを入れるので、2ケ月~3ケ月は避妊してくださいとのこと。正直もっと早くして良かったなと思いました。働いてても結婚してなくてもできる妊活の一つですよね。

婦人科検診は異常なしでした。

 

それから4ケ月後、避妊を解禁した瞬間「妊娠」しました。

思いがけずのことで驚きの方が大きかったですが、素直に嬉しかったです。

しかし、その後すぐに稽留流産してしまいました。

当時は不安と悲しみの毎日でしたが、今は少しずつ前向きな気持ちになってきました。流産についてはまた、次回にでも書いていきたいと思います。

 

今日も世界の皆が幸せな1日を過ごせますように・・

f:id:emmaemmaperth:20170712155957j:image